グローバルシービンズ

ポラル海兵隊員、
フランス

次のケーススタディ
ポラルマリンパイロットパートナーおよびディストリビューター

2016の3月、フランスのマリーナ建設会社であるPoralu MarineはSeabin Projectに登録し、世界的な独占的メーカーおよび販売代理店になりました。 ポラルには、2つの大陸に工場があり、18の国をカバーする流通ネットワークがあります。

「私たちの分野のリーダーであり続けるためには、将来の課題に備える必要があります。 プラスチック汚染はより大きく、支配的なものです! グループでは、環境に優しいソリューションの開発に長年投資しています。 したがって、PeteとAndrewがこれに心を注ぎ、現実的で手頃なソリューションを提供できたため、Seabin PtyLtdをサポートするのは自然なことのように思われました。 お客様の特定のニーズを満たすために、Seabinシステムの共同開発を目指しています。 このパートナーシップは、両社の長期的なコラボレーションの始まりにすぎません。」 ファイサル・レズギ、CEIの責任者、ポラルマリングループの環境部門。

ポラルマリン

5大陸で8000件の参照があり、ポンツーンと港湾施設の分野で主要な国際企業の中でポラル海兵隊を持ち上げました。

1982年に設立されたPoraluMarineは、マリーナのシステムインテグレーターであり、顧客の経済的、社会的、環境的要件に沿ったソリューションと機器を開発しています。 ポラルマリンは、ポンツーン専用の構造物としてアルミニウムを最初に使用したもののXNUMXつです。 高度な技術を使用した研究開発および設計部門のおかげで、同社は現在、幅広い製品を提供しています。 ダイビングラフト、レジャーポンツーン、歩道橋、キャットウォーク、着陸ステージなど。審美的に満足のいくソリューションの研究と革新に深く関わっています。 子会社のCEIは、環境バイアスの高い水処理スペシャリストであり、クライアントの積極的な環境アプローチを支援します。 野心は、港の未来を発展させ、完全で自律的なソリューション(ポンプと水処理、廃棄物管理、エコライター多目的作業、独立した生活プラットフォーム、海洋再生可能エネルギー)を顧客に提供することです。

港(01)–フランス(本社)に拠点を置くPoralu Marineは、120人の従業員を擁し、2015/2016会計年度に22.5万の連結売上高を生み出し、70%が国際的に運営されています。